強い子のミロ!

スコティッシュ・テリアのミロ(別名・ミロ軍曹)と、マラソンに魅せられ中のボス・うめの日記。

山中湖日帰り その1 -生後1134日-

昨日の日曜日、ミロに水泳の特訓をするべく日帰りで山中湖まで遊びに行ってきました!
8時前に出発し、ちょい寄り道して11時前には到着。
今回拠点としたのはハッキーパークです。
ここはドッグランはちょろちょろと芝生の、テニスコートよりは大きいな、程度のなのですが、犬用のプールがあるのです!(~9月30日)
4×10mで入り口は階段になっており、深いところでも45cmくらい。


プールの中からおいで~と呼んでも、オモチャで誘っても自分から入れないヘタレミロ。


「やだーーー!タッチー、引っ張らないでよォ!」


捕獲され、強制的に水泳特訓。


なんとかこのくらい泳げるようになったのですが・・・


「溺れるぅ~!死んじゃう~~!!」


逃げ出すものの、楽しそうに泳いでいるお友達が羨ましいらしい。


何度か強制投入→半溺半泳、とトライさせたのですが、どんどんニガテ意識が強まり、足も疲れてくるのか、どうもお尻が水没して立ち泳ぎ(立ち溺れ)になっていくミロ。
ちょっと大きいサイズのライフベストがあったので着せてたら、大きすぎるせいか泳いでいるうちにごろーんと横転・頭部水没しそうになってまたアワアワと半溺状態に。
うーーーん、どうしたものか・・・・。
カナヅチ犬って本当にいるのかも。

つづく。
スポンサーサイト

山中湖日帰り その2 -生後1134日-

人・犬とも少し乾いたところで、車をハッキーパークに置いたまま、徒歩10分の「森のなかのソーセージやさん 古志路」へ。ホントに森の中っぽい。犬連れはテラス(屋根あり)にて。


ハムとソーセージの盛り合わせ、タンシチュー、クラシックハムと大根のサラダとビールで豪華ランチ。


思ったよりあっさり風味でした。ごちそうさまでした!

ぽこぽこと歩いて今度は山中湖畔へ。ハッキーパークのプライベートビーチ(どのような権利関係になっているのか謎ですが、ほとんど人が入ってこない砂浜の入り口を教えてくれる)へ。
先客のキャバリアグループがいたのですが、こんなに広々ゆったり。


ゆるやかに深くなっていく、波もほとんどない湖畔。それでも入れないミロ。


「あっapricot、タッチー、行かないでぇ!きゃー!」


「うーん、あたちにはこれが精一杯かも・・・」


今日はこれ以上無理に泳がせるのはやめて、いつのまにか無人になった湖畔でのんびりお昼寝なんかして過ごしました。
釣りの人たち、小熊じゃありませんから!


湖畔に佇み、不甲斐ない自分を反省。


「も一度トライしてみようかちら・・」


「きゃーやっぱりこわい。」


つづく・・・

山中湖日帰り その3 -生後1135日-

昨日UPした動画を見ると泳げてるっぽく見えたミロですが、ホントに泳げてませんでした。
深さが半端なせいか、後足を底につこうとして立ち泳ぎになってしまうし。
目が必死。


で、ライフジャケット着用してみる。
持ち手を支えてやると、泳げてるっぽくなるが・・・


手を離すと・・・


・・・横転。
「助けて~~ブクブクアワアワ・・」


ライフジャケットのサイズが合っていなかったせい、ということにしておきましょう。

カナヅチが発覚し凹み気味のミロも、ドッグランでは元気回復!アジリティごっこでしばし運動。
ミロ、平均台は何の躊躇もせずスルスルと上がるんです。


幅20cm、胸くらいの高さなのでこっちがひやひや。


バージャンプも練習したよ!


おお~、サマになってるじゃん!でも、隙あらばバーの下をくぐろうとするズボラちゃん。
輪くぐりだってできるもん!


着地はちょっとカコワルイ・・・


「泳ぐのよりこっちのほうがいいかも~~??」


ハッキーパークは全体の広さはさほどでもないのですが、利用料金を払えば、車をドッグランのすぐ隣に止めて、プールで泳がせたり、ドッグランでアジリティごっこをしたり、日陰のデッキでのんびりしたり、車を止めたまま近くに食事に行ったり、湖畔のプライベートビーチまで行ってのんびりしたり、そして最後は大きなバスタブでシャンプーして、トリミング台でドライヤーかけてキレイになって帰宅できる、一日の拠点としてはなかなか充実の施設でした。


たまたまかもしれないけど、この日は大型犬ばかりでミロも安心して遊べたし~~。
山中湖、また遊びに行きたいです。

もうすぐ西表島 -生後1139日-

あと9日で、3年ぶりの大旅行・4泊5日西表島行きです。
南国ゆえ、何かと水着になる機会が多そう。なので、ネジまいてダイエット突入です。
かなりハードに運動(今日もミロの散歩2時間のあと、ひとり公園に出直して45分ジョギング)して、野菜中心の食事にしてるのに、なぜか体重が減らない。
見た目でどこかしら締まっているのだと思って、出発まで頑張ろう。

「もう9月なのに毎日あちゅいよ~。イリオモテ島って涼しい?」

暑いよ。アイスノンにへばりついて寝るほど暑がりミロは、だからお留守番ね。

先日の山中湖畔で。日陰で私たちが休憩していると、退屈になったミロひとりでテクテクと、ひと気のない湖畔を散策。
「ミロおいで」と呼んだ後に聞こえるスースーした音が、人間の耳に聞こえる犬笛です。


(おまけ)私のお気に入り鍋コレクション。


手前左は及源鋳造の南部鉄器ミルクパン。友達に引越し祝いにプレゼントしてもらいました。可愛い顔して凄まじく重い。
手前右はジオの片手鍋。野菜の無水調理で大活躍。野菜の味の濃さが全然違います。
奥がフィスラーのシチューポット。シチューやカレーは太るので最近あまり作れないのが残念。低カロリーの煮込み料理レシピ教えてくださ~い。

はじめまして! -生後1140日-

この可愛いスコッチちゃんはミロ?
いいえ違いま~す!


クロちゃん、1歳。写真上手に撮れなくてごめんなさい。実物はもっともっと可愛くてエレガントな女の子でした。
今朝、森林公園の駐車場にスコッチがいたのでご挨拶すると、「ミロちゃんですか~?」と。
「いつもブログ読んでます!」と言われて照れ照れ~~☆
横浜市内からわざわざ車でいらしていて、ミロ出没ポイントとご存知で今までも何度もお散歩に来ては「なかなか会えないね」と言っていたところだったそう。
今朝、暑くなりそうだったので6時に飛び起きてお散歩に行った甲斐がありました。
こらミロ、クロちゃんにガン飛ばしてないか?背後で同居わんちゃん?のダックスちゃんが心配そうに見守っています。


クロちゃんが大人しく優しい子だったので、ミロもガウッと失礼なことをせずホッとしました。
また会えるといいね~~。

公園は早朝から青空!
「早く早くぅ~~!」


今日もゼンマイ、フル回転。


お山の大将ですか?そうですね。今日も初めて会った心優しい若シェパードのお嬢さんに恐れ知らずにガウッてましたねミロさん。


いつか天誅が下りそうですね。

とらちゃんの日 -生後1141日-

今日で、とらちゃんと出会って14年になります。
悲しく恐ろしい事件が世界中の人の心に刻まれてしまった日でもありますが、私にとってはこれからもずっと、ダレが何と言おうと9月11日は「とらちゃんの日」です。
(この写真は以前「5にゃんこカンパニー」のさっちゃんが作ってくれたもの)


14年前に既に成猫であったとらちゃんの正確な生年月日はわかりません。
でも、あのとき私と出会っていなければたぶん生きていけなかったであろうとらちゃんが、新たに生まれ直した日が1992年9月11日だと思っています。

今思い出しても、よく拾ったな~と思うような状態だったとらちゃん。
がりがりに痩せて(後にベスト体重5kgとなったのが当時2.8kgしかなかった)、いびつな顔で(レントゲンを撮ったら片方のアゴが折れて外れてそのままになっていた)、皮膚病でカサブタ・生傷だらけ、身体の広範囲の毛が抜け薄くなってて、たくさんのノミが這い回っているのが見える、決して若くないヨレヨレ猫。
それでも、泣き続けて枯れてしまった声で「抱っこぉ~~・・・」とすがってきたとらちゃんに、それまでにどんな暮らしがあったのかわからないけれど、それから一緒に過ごした10年間、私はとらちゃんに幸せをあげることができたと思うし、私もとらちゃんに抱えきれないほどの幸せをもらった。

まるで私を幸せにするために天から降りてきてくれたような、天使みたいに優しい、穏やかな猫だったとらちゃん。
ガウガウ娘・小熊ミロはとてもとても「とらちゃんの生まれかわり?」なんて感じる要素ゼロなんだけど、私の2代目の分身としてがんばっていてくれてます。

「とら姉ちゃん、あたちガンバルよ。見守っててね。」

大魔神、怒る -生後1144日-

さて、とらちゃんの写真を見ていただきたくて12日以降、UPが止まっていたわけですが(うそ)、連日の雨、皆様いかがお過ごしですか?
昨日は雨の中、仕事帰りに横浜FCの応援に行ってきました!
モンベルのゴアテックスレインスーツを持参で出勤し、終業後、ダッシュで三ツ沢に直行。
タッチーは青、私は上下真っ赤な姿で雨に打たれながら声援を送り、なんとか首位・柏レイソルに勝ちましたヤッター!!


もともとあまり興味もなかった私もタッチーにつきあって通ううちに、それなりに愛着も湧いてきて、雨も厭わず一緒に応援しに行ったのに、そんな私を激怒させる出来事が。
試合終了15分前にトイレに行き席に戻ると、タッチーの姿がない。荷物も置きっぱなしで危ないなー、トイレかなー、と思いながら観戦。
・・・戻ってこない。
キョロキョロしながらもゲームは進み、横浜FCの勝利をチラ見しながらも喜びもそこそこに探していたら・・・。
熱狂サポーターの中に、やはり応援にきていた仕事の若い子と一緒に大騒ぎしているタッチーの姿が!!
もう、もう、珍しく私、ゲキドしましたよ。
ホイッスルが鳴った瞬間にヤッターー!!って一緒に喜び合えずに、何の行く意味があろうかと。

・・・戻ってきたタッチーに思わず蹴りがでましたです。怒鳴り散らしたとです。
タッチー平謝り。バカタレ。


ともあれ、勝ってよかった。順位は3位のままだけど勝ち点差がほとんどない三つ巴。
ガンバレ横浜FC。

さて。
運動しても食事減らしてもちっとも減ってくれなかった体重が、やっと少し落ち始めました(泣)。スポーツクラブに行っては黙々と1時間ジョギング。音楽聴きながら、晩御飯の献立なんか考えながら約8km、ひたすら走る。
こんなに走れるようになるなんて42年生きてきて初めてだわ。
「非体育会系・非スポーツ心臓」と言われ続けてきたけれど、心肺機能も筋力も、まだまだUPできるものです。
そして腿や腹筋もガチッとしてきましたよ。
エライぞ、我が肉体。
なんとか西表島では水着になれそうです・・・。

お散歩バッグ -生後1145日-

政宗くんスコッチのお洋服屋さんTシャツ姿が可愛かったので、ミロも真似っこ♪
お揃いのTシャツ着せてみました。
ほれ、ソコに立ってポーズとってごらん。


おや?こうやってみるとミロ、細くてちっちゃいねえ。


・・・・座るとどうしてパツパツになるの?
それにしてもお洋服を着たスコッチってどうしてこんなにオモチャみたいになるんでしょうね。
ああ可愛い。(←ばか)


ミロさん、撮影時間終了だそうです。
ああ、はいはい、いい子にしてたから遊べ、とね。



ところでrubyさんが先日お散歩バッグを探しておられたのに触発され、私ももうちょっとオシャレで大きいバッグが欲しいな~と探していて、ふと思ったんですけれど。
マザーズバッグっていいんじゃないですか?
哺乳瓶を入れるところにペットボトル入れたり、附属のおむつ代えシートは公園で芝生に座るときのピクニックマットになるし。
そしてこんなオサレなのもあるんです!
OiOi(オイオイ) マザーズバッグ Hobo オレンジピーコック。Made in Australia。


ポケットが多くて便利そうなのは
Diaper Dude(ダイパーデュード)


これはピンクのカモフラージュ柄。他に緑カモや黒・グレー無地もあり、「パパが持ってもオサレ」がコンセプトらしい。Made in USA。
グウィネス・パルトロウもご愛用ですってよ奥様!
持つとこんなかんじ。このプリントも可愛いんだけど、完売の模様、残念。


どうですか?私はすごく欲しいんだけど、
問題は「犬のウ○○入れて歩くには高い」ってこと。

旅行中止?! -生後1147日-

いよいよ明日から4泊5日で西表島旅行です!
こんな力の入った旅行は3年前の屋久島以来。予定もばっちり立てて準備万端!

のはずだったんですがね。

今日、ミロを中原さん宅にお預けして夜、帰宅すると、電話が。

「こちら○○○ツアーズですが、台風の被害で現地が大変な状況になっており、十分なサービスが提供できないので、キャンセルを承ります。全額返金いたします」とな!

「あらー、そりゃ大変。」


ホテルに直接電話して状況を聞いたところ、
①西表島全島停電。ホテルは自家発電は一応しているものの、夜は懐中電灯生活、エアコン・冷蔵庫・テレビ等なし。
②電気の復旧は19日を目処にしているが保証はない。
③ホテルの売りである露天の温泉施設は倒木等で使用不可
④マリンレジャー等のアクティビティーは催行の予定不明
だそうだ。たいへんだ。

「でもあたち留守番だから関係ないしー。」

でも、水道は復旧しており内風呂の大浴場と部屋風呂は使え、食事は大丈夫、レンタカー&ガソリン補給も問題なし。
今のところ、飛行機や石垣島~西表島の航路も大丈夫。

なにより、大変な状況だろうに、丁寧に説明してくださったホテルの方がものすごく感じがよくて、ますます行きたい!という気持ちも強くなり。
昼間は車であちこち出かけていればそれなりに楽しめるだろうし、夜は暑ければ水でも浴びて、ぐーぐー寝て過ごせばいいし、よほど辛ければ石垣島に移るというテもあるし。

ということで、タッチーの「でも行こうよ!」との強い言葉にうなづいたのでした。
どんな旅行になるのやらさっぱりわかりませんが、とにかく行ってきます。
現地の方の迷惑にならないように、危ないところには近づかないように気をつけます。

ツアーガイドをお願いしている個人ガイドの方の電話が不通になっているのが心配・・。

無事到着しました!

20060919134530
ご心配お掛けしましたが、昨日、無事に西表島に到着しました!
島に着いてみたら、予想より早く停電から復旧し、露天風呂も入れるようになっており、全く問題なし。
倒木や葉を全部引き千切られた木々は痛々しいですが、自然と戦いながら共存してきた逞しさを見るようです。
ジャングルの中に建つホテル、お部屋は何故かめちゃめちゃ広い3ベッドの角部屋で、窓の下には清流が流れています。夜には窓の外でヤモリくんがお食事してたり。
今日はダイビングをするタッチーと別行動。
私は一人、星砂の浜までてくてくたどり着き、ビール補給中なり。お昼食べたら海に入ってみようかな…

西表島を離れます。

20060922105741
あっという間に最終日になってしまいました。連日、盛り沢山のアクティビティでヨレヨレになるまで遊び、今日は石垣島に戻って石垣牛食べて島を回る予定。西表島は台風に痛めつけられても、圧倒的な自然のパワーを感じさせるところでした。
いわゆる観光ポイント(写真の由布島水牛渡りとか)はパスして、ディープなところを攻めたからかな。
残念ながらヤマネコは見られなかったけど、西表島ブラボーでした。

今日、帰ります……か?

20060922174600
石垣島で牛食べて、川平湾の美しい海でしばしまったりし、余裕で南の島に別れを告げ……るハズだったのですが、石垣発の飛行機、使用機の到着遅れのため定刻より50分遅れだと。那覇での乗り換え時間余裕はもともと45分なんですが?
乗り換え損ねた場合、キャンセル待ち?それもダメだったら那覇でもう一泊?

最後までハラハラツアーです。どうなることやら!

西表島旅行記 1日目(9月18日)

改めて、旅行記UPです。

↓にも書いたように出発は波乱含みだったものの、思いのほかスムーズに旅行はスタート。
出発時は怖いほどの土砂降りだったけど、家の地下駐車場から空港駐車場まで濡れることもなく、予定通り14:40石垣空港着。離島桟橋から船で35分、16:15に西表島・大原港に上陸!
途中、ホテル周辺は停電が復旧したとの連絡が入ったけれど、大原近辺はまだ停電中なのか、信号機も消えたまま。木々も倒れまくり、トタンがくしゃくしゃになってあちこちに落ちていたり、10年に一度の大型台風直撃の威力を感じる。

島にはスーパーも数軒しかない(コンビニなんかもちろんない)ので、レンタカーを借りるときにお買い物ポイントも抜かりなく情報収集し、一路、5日間お世話になるネイチャーホテル パイヌマヤリゾートへ。

西表島の地図を、島唯一の公共交通機関であるバス路線図で見るとこんなかんじ。バスは1日に往路復路それぞれ8本(夏以外は6本)。


大原港から西表島温泉(ホテル併設の温泉)まで車で30分くらい。この路線図で停留所間がやたらと離れているところは、人家もなにもありません。ジャングルの中を一本道が通っているだけ。
西表島ではレンタカーにはナビ不要!だって道はほぼこの1本だけだから。端から端までハシハシ走っても1時間40分。ちなみに信号機も島内に2つだけ。走ってても、車とすれ違うのは5分に1度くらいか。そんなところです。

さて、ホテルに到着。エントランスはさりげなくヤマネコの足跡模様?


前夜の問い合わせ電話に丁寧に応じてくださったフロントの方とご挨拶をして、部屋に向かうと、一番奥の角部屋、ベッドが3つゆったり置かれた広い部屋。
写真の左手にデスクとテレビ、手前に洗面所・バスルーム(ユニットではない)、トイレ、玄関が。全部で25畳くらいありそう。


ミロはお留守番だけどとらちゃんはもちろん同行。部屋の窓下には川が流れてます。


庭から見るとこんなかんじ。


さっそく併設の西表島温泉へ。お庭にあずまや風の「やまねこの湯」や「ジャングル風呂」「岩風呂」、サウナ、プールなどがあって、ジャングル風呂の脇には川が流れてて。


くつろぐタッチー。トド状態で失礼します。


さて夕食。毎日テーブルにはこんなメニューのプリントが置かれてあります。


例えばこの日の前菜盛り合わせはこんなかんじ。地の食材を使ったなかなか手の込んだお料理。


この日のメインは撮り忘れ、これは別の日のものですが。


移動・風呂・食事だけの日だったのに長くなっちゃった・・・2日目につづく。

西表島旅行記 2日目(9月19日)

1日目の夜、ふと窓を見ると網戸と窓ガラスの間にたくさん小さい虫やらクモやらが入り込み、おまけにヤモリくんまで入ってしまっているのを発見し、軽くネイチャーショックを受けた私。ぎゃ~、これじゃー窓なんか開けられないじゃん!
ヘタレの私、ワイルドライフに気持ちを切り替えるのにちょっと時間がかかりました・・・。

さて、実質的には活動初日@西表島にしていきなり今日は二人、別行動。タッチーはダイビングへ、私は特に予定も立てず、のんびり一人歩き。
例のバスに乗ってしゅっぱーつ。1日8本のバスなのに(だからか?)乗客は私ともう一人だけ。20分ちょっとで上原に到着。珊瑚でできた小さい島・バラス島へグラスボートで渡って散策という1時間のツアーに行きたかったんだけど、シュノーケルなしのツアーはこの日、参加者ゼロ(!)のため催行せず。残念。
バスで10分ほどの星砂の浜まで、のんびり歩いて行くことに。途中でガラスのとんぼ玉やマングローブ染め、バティックを使った服を手作りしている素敵なお店 「Roost Diju」を見つけてふらりと入り、すっかりハマッてしまい、バティックのキャミソールとガラスのあれこれをお買い上げ。歩きはこれが楽しいんだ。

てくてくとこんな道を延々歩く。街路樹が軒並み倒れてて、その陰で牛さんがお昼寝。


途中でマングローブ染めのお店や焼き物のうめ工房に寄ったりしながら、昼過ぎ、星砂海岸に到着。
ペンション星の砂のレストランで、海岸を見渡す席に落ち着き、まずビール!


今日のお昼はタコライス。ビールはまもなくお代わりの模様。


さー海に入るぞ!とお店の人に聞いたところ、簡単なシャワーや更衣室があったらしいのですが台風で吹き飛んでしまったとのこと・・・まーでもなんとかなるでしょ!と海へ。


かなり引き潮で、そこそこに人もいるから安心。リュックをそこらに放り出し、水着&Tシャツ姿にゴーグルつけて、一人で海に入る。若い頃は人目が気になったものだけど、Middleになるのも悪くないね。ふふん。


水もすごくキレイ、ちょっと覗いただけでコバルトスズメをはじめお魚たくさん。
1時間以上ひとりで泳いだり浮いたり波打ち際で寝転がったりして過ごし、浜に上がってTシャツ脱いで絞って身体を拭いて、少し乾かしたらそのまま服を着て、バスでホテルに戻りました。


まだタッチーは戻っていなかったのでそのまま一人で露天温泉へ。雲ひとつない午後の青空の下、お気に入りのジャングル風呂に文庫本を持ち込んでボッケ~~と1時間半、最高に贅沢な時間でした。


タッチーはダイビングでは台風の名残りで海の透明度はいまひとつ、でもこんな美しい青に染まってきたようです。マンタは見られなかったって。残念。

西表島旅行記 3日目(9月20日)

3日目も快晴。いよいよアクティビティ@西表島も本番。今日・明日とグッドアウトドアの出戸さんにガイドをお願いしてあり、今日は「シーカヤック&シュノーケリング フカパナリ無人島の真珠湾と蒼い珊瑚礁ツアー」です。
島北西部の「祖納」の浜からカヤックで漕ぎ出し、無人島・フカパナリ(外離島)を目指します。


二人乗りのクローズドデッキタイプ(足を中に突っ込んで、腰周りは水が入らないようにフタをするタイプ)のカヤック。もし転覆したら水中でこのフタを外して脱出しなければならないらしいのでちょっと緊張するけど、安定感もよく、なによりも早い。
前方右がフカパナリ。


1時間ほどでフカパナリの裏側の浜に上陸。


小休止のあと、再び海に出て、リーフの中でカヤックをつなぎ、しばしシュノーケリング。
足が立つほどの浅瀬を、色とりどりの小さい魚たちを見ながら泳いでいくと突然、珊瑚礁の間が何十mもの深さに落ち込んでいて、そこだけが水温もひやりと冷たく、深いところを大きな魚の群れがゆったりと進んでいく。壮観。


潮が引く前に再びフカパナリの浜に上陸し、ゆっくりと時間を過ごす。
浜の丘の上から見渡すと一面の青。


上の写真中央の小さい岩のすぐ横、膝くらいの深さのところを覗くと・・・・


イソギンチャク&ニモご一家が!なかなか強気で、カメラを向けるとじぃぃ~~・・っと睨み返してくる。可愛い。


このくらいの浅瀬がほとんどで、安心していつまでもいつまでも泳ぐワシ。


ハゼの仲間?ヘンな顔・・・


お昼はソーキそば。具沢山でおいしいのなんのって・・


同行の方が釣りに精を出し、ミーバイをゲット!早速出戸さんが捌いて皆でありがたくいただきました。
この日はとにかく美しい海をのんびりゆったり満喫、ふやけるまで海に浸かってました。
名残惜しく島を離れます。


初めての西表島の海の美しさに夢中になった私ですが、それでも海中は珊瑚があちこちで折れ、痛々しい姿でした。

出戸さんの自宅も祖納にあるのですが、台風13号により屋根の半分が飛ばされ、家財道具も水浸しになる大被害に遭ってしまったとのこと。
旅行初日にやっと連絡が取れ、くれぐれも自宅復旧を優先してツアーはキャンセルで構いませんから、とお伝えしたのですが、とりあえずできる作業は済ませたので、とツアー催行のご連絡をいただき実現したフカパナリ行だったのです。
西表島の海の本来の姿ではなかったかもしれませんが、私には最高の一日でした!

この日はまだこれで終わりではなく・・・ホテルに戻りダッシュで風呂、食事を済ませ、20時からホテル主催のナイトツアーへ。マイクロバスで野生生物スポットを数箇所回りました。
湧き水が流れ出ている歩道にはアマガエルや沢ガニがいたり、川にはテナガエビの目が光っていたり、繁みにホタルが飛んでいたり。
夜にはよく見かけるらしいサキシマハブにはこの日なぜか遭遇せず、代わりに、路上に巨大なヤシガニが!!身体だけで20cmはある大物でした。


目を皿のようにして探したけれど、ヤマネコの姿は見えず・・・残念。

西表島旅行記 4日目(9月21日)

昨日が海遊びの日なら今日は川遊びの日、「カヌー&トレッキング 秘境仲良川と幻の大滝(ナーラ)コース」!
西表島で滝といえばピナイサーラの滝ですが、ピナイサーラや仲間川などのポピュラーなスポットには行かず、「人ゴミを避けて、より美しいところへ」が、出戸さんのポリシー。


朝9時に、昨日の祖納より少し先の白浜(バス路線の始発点)集合、白浜港からカヤックで湾を出、仲良川の河口から上っていきます。


昨日から一転、今日は小雨まじり。でもどうせ濡れるコースだし、愛用のゴアのレインを着てしまえばちっとも気にならない。
今日の同行メンバーは若夫婦が2組。


両岸は、台風の前はうっそうとした熱帯のジャングルムードだったはずなのに、木が倒れ枝が折れ葉が引きちぎられて、妙にスッキリしてしまっている。かろうじて枝に残った葉も、激しい風雨と闘ったため、すっかり痛んで茶色くなり、なんだか「秋の山」みたいで寂しい。
ところどころ、セミの声が全くしない森があったりする。


河口から2時間くらいかけて遡上し、ジャングル入り口に到着。カヤックをつないで上陸し、ブルーシートで雨除けを作って今日も出戸さんがソーキそばを作ってくれました。
遡上途中でメンバーが浅瀬に巨大なカニを発見!出戸さん、ざんぶと川に飛び降り捕獲。大きな大きなノコギリガザミです。ワタリガニの一種で島の超高級食材。
発見者に感謝しつつ、皆でいただきました。海水で茹でただけなのにムチャうまかった!
(今回の旅行でこれがいちばん美味だった)


さて、ここからはジャングルトレッキング。台風の後、下見に来た出戸さんのアドバイスで私はジーンズ(本当は伸縮生地のものでないと歩きにくいのだけどとにかく半パンツはやめとけと)、靴下にマリンシューズに軍手という完全装備。お尻が巨大に写っているのは、下に水着と短パンを履いているからです!


他の男性2名は短パンにサンダルと軽装できてしまったため、滑りまくり転びまくり。


ジャングルの中の道なき道を歩くこと40分。


着きました、ナーラの滝。
夢中で服を脱ぎ、Tシャツ短パンになって滝壺へ!水が結構冷たいので、一休みしちゃうともう入れなくなっちゃうんです・・。
滝に打たれるタッチー。何か悟りは開けたろうか?


たまには2ショット。タッチー、腹が・・・


岩から滝壺にダイブしたタッチー、それでは犬神家です・・・。


滝から上がって一息入れていると、女性陣から悲鳴が。
 「イヤ~~!なにこれ~~!!」
見ると、彼女たちの足に3cmほどのヒルが!私の足元にもウネウネと登ってこようとしてるではないか!
私のは払いのけ、既に吸い付いてしまってるのはムリに取るとよくないので、出戸さんにタバコで退治してもらいました。さすがジャングル。

昨日に引き続き今日もたっぷり8時間、泥んこびしょびしょになって遊んだYO!
ホテルに帰って洗濯して(コインランドリーで毎日洗濯してた・・)、西表島最後の夜に浸る暇もなくバタンQ。

(オマケ)
「んも~、apricotったら話が長いんだから!あたちの出番はまだ?」


ミニオフ? -生後1160日-

旅行記最終日はまた後日!
今朝、お散歩のときにアニクロママがアニーちゃん・クロちゃん連れてミロに会いにきてくれました!
やーん、ホントにかわいいクロちゃん。
ミロより年下なのに、おっとりしてておとなしーの。
スコッチのお洋服やさんのお洋服が似合ってるー!


ミロご挨拶。・・・そのやる気マンマンなシッポはなんですか?
やさしくしてちょうだいよっ!


おねえさんのアニーちゃんに「ミロたん怖かったよう」って言いつけてるのかな?甘えんぼさんでかわいいクロたん。


あー、ホントに可愛かったのでもう1枚!このムクムク顔もスコッチの醍醐味ですよねえ!


「アニーちゃん、クロちゃん、今朝は遊びにきてくれてありがとう!」


「クロたん、アニーお姉ちゃんを見習ってがんばって歩こうね!あたちたちの体重で抱っこはキツいみたいダヨ!ムホホーイ!あっ!ヘンなお顔になっちゃった!」

ミロこそ、ガウガウ私の足を噛むのやめてね、恥ずかしいからね。
それからミロは元気ありすぎ。アニクロママとバイバイした後、「さっ、じゃあタイルの広場に行こうヨ!」とひとしきりあそび、広場をでてまたシレッと「さっ、じゃあ公園の芝生に行こう!」ってトボけるのはやめてね。

昨日、タッチーの従姉妹が伊勢海老を送ってくれて豪勢なディナーでした。
小ぶりだけど新鮮!
身は豪勢にお刺身で、頭はお味噌汁に。
おいしゅぅぅーーーございましたっ!!

FC2Ad