強い子のミロ!

スコティッシュ・テリアのミロ(別名・ミロ軍曹)と、マラソンに魅せられ中のボス・うめの日記。

怒涛のGW -生後1374日-

ずいぶんブログさぼっちゃってますねー。いかんいかん。
このGW、タッチーのイトコ♀&イトコ♂&イトコ♂のヨメ&イトコ♂のヨメの母という4人組(50代3人と70代)が上京し、そのご案内やらウチにお泊りやら、その合間に私の実家に行ったりサッカーの応援に行ったりで、ちとばたばたしています。
ミロスペシャルのお出掛けこそないものの、実家に同行したりお客様が来たりすることで充分、ハイテンションに楽しそうです。
怒涛のGWの様子はいずれ・・・・

とりあえず

スポンサーサイト

連休前半 -生後1379日-

連休の様子、やっとUPです~。

GW初日は横浜FC応援@日産スタジアム。
初のJ1リーグで、第2節に奇跡的にマリノスを下して以降、連敗街道邁進中の横浜FC。もちろん、ぶっちぎり単独最下位。
なんかもう、勝てる気も点が入る気もまったくしない。もう負けるのも馴れちゃった・・・と思っていたけれど。

前半に1点を入れられ、いつものパターンにブルーな気持ちで応援していると、後半試合終了15分前になにやらドサクサ紛れのようなゴールぅぅ!!


ああ、点が入るって、こんなに嬉しかったんだ・・・
「もしかしたら負けずにすむかも」って希望の光がこんなに眩しいなんて・・・
久々に声が枯れて咳き込むまで応援したよ。
結果は1-1のドロー。だけど気持ちは「やったぜ!」なのがつくづく、負け組っぽいけどいいの。とりあえず1歩前進。
ちなみに貴重な1点は、VTRではどう見ても、
「ゴール前でクリアしようとしている相手選手をうしろから横浜FCの選手が手でドついてボールごとゴールに押し込んだ」。
笛吹かなかった審判、感謝。

2日目は父母姉姪私で集まり、混雑を避け、久し振りに実家近くの小石川植物園へ。文京区育ちの小学生は皆、ここの池でザリガニ釣りを経験するのが掟。懐かしい。
ウンベルタム(オーニソガラム)のお花畑。


一番奥に建つ旧東京医学校本館が東京大学総合研究博物館小石川分館として無料で公開されていたので初めて中に入ってみた。


「驚異の部屋 展(The Chambers of Curiosities)」という常設展をやっていたのだけれど、これがなんとも奇妙な、不思議な展示。
動物の骨格標本や剥製、薬草?の標本やら模型やらが何の説明もなく並べられており、学芸員にこれは何?と聞いても「クジラの一種の頭骨模型だと思うのですがはっきりしたことはわからないんです」などと答えが返ってくる。誰のものだかわからないデスマスクなんかあったりして怖っっ!!


東京大学の長い歴史の中で集められた学術標本のうち、なんだかわからなくなってしまったモノたちはもう授業や研究には使えないけれども、それらのいわば「学術廃棄物」をひとつのアートとして展示するというコンセプトらしい。なるほど。

3日目はGW恒例・サックス教室のバーベキュー大会@野島公園。
食べすぎ・飲みすぎ・はしゃぎすぎて、夕方帰宅しそのまま沈没。

4日目は仕事の後、横浜観光を満喫したタッチーイトコご一行+タッチー母と中華街で合流し、萬珍楼本店でディナー。
5年前の火災で焼失した建物は更にグレードアップして見事に再建されており、ゴージャス炸裂の店内では中国楽器の生演奏を聞きながら、セレブ気分で上品な広東料理をいただける。
8人で、8000円のコースを5人分というワガママなオーダーにも快く応じてもらえ、年齢層高めの面子には適量でした。
左から、焼き物前菜、ふかひれ煮 蟹卵入り、伊勢海老のチリソース、鮑と椎茸のオイスターソース煮、国産牛ヒレ肉とグリーンアスパラの黒胡椒炒め。


炭焼き北京ダック薄皮包み、海老団子・白きくらげのスープ、潮州式つけもの入り炒飯、緑牡丹茶、さつまいものモンブラン。


食事の後、イトコーズはウチで1泊し、お客様好きのミロ大喜び。
翌日早朝には元気でディズニーシーに出発していきました。

一行を見送ったあとの5日目はミロサービスデー。
といっても私ひとりでは機動力がないので結局いつもの公園でゆっくり。
マーカスくんとご挨拶したり


八重桜の花びらのなかでにっこりしたり。


そんなGW前半・・・。

連休後半(サッカー編) -生後1380日-

3日は横浜FCの応援に、甲府まで行ってきました!
朝6時に出発、相模湖から中央道に入るまでが大渋滞で往路5時間かかっちゃった。


中央道に入ったらあっという間に勝沼。甲府盆地の向こうには南アルプスの山並みが。


無事開門前に到着。


空が広い。周囲にはほとんど建造物が見えない。


思えばおととしの夏、初めて三ツ沢に足を運んだときの相手が、1年早くJ1に昇格したヴァンフォーレ甲府。
この日、ホーム側の席は甲府ブルーで埋め尽くされて、地元チームを支える熱い思いが伝わってくるようだった。
甲府側のアナウンスも、「横浜FCサポーターの皆さん、遠路はるばるお疲れ様でした!」とねぎらってくれたり、開門前の行列に地元産の小梅を配ってくれたりと、暖かいおもてなしを受けた。
そして、負けました。


肩を落として引き上げる選手たち。
帰路の4時間、長かった・・・。

連休最終日には1ヶ月ぶりの三ツ沢。
明け方、恐ろしく大きく長い雷鳴で目覚める。土砂降り。
完全防備でスタジアムに向かう。
今日の相手は、昨年ともにJ2で戦い、ともに昇格したヴィッセル神戸。
横断幕が懐かしい。


カズアップ。りりしい。


そして・・・今日も負けました。
それも、ほとんどやる気の感じられない、いいところの全くない試合ぶり。
どんなにミスッても、ガッツを見せてくれたらいいのに。

はじめて、横浜FCサポーターが試合後選手にブーイングするのを見ました。

カズは勝っても負けても、途中交代しても必ず試合後は率先して観客席に挨拶をしに来るのだけれど、この日はつらそうだったなあ。
グレーのGK菅野も、最後まで、手を合わせてゴール裏に謝っているようだった。
キャプテン山口とドラゴン久保は・・・とっとと帰っていったが。


こんな日は三ツ沢から下山の道のりが遠い。ただでさえ撫で肩のタッチー、肩が落ちきってる。


で、成城石井で食材ヤケ買い・ヤケ食い。ああーあ。


そんなGW、サッカー編・・・・

連休後半(ピクニック編) -生後1383日-

連休中、スペシャルなお出掛けがなかったミロ。かといってどこかに出掛けても混んでいるので、こどもの日はいつもの公園でタッチーと3人ピクニック。
ポニーセンターではこどもの日イベントいろいろ。乗馬用具を展示してあったり・・・


蹄鉄作りの実演をやっていたり・・・・


ポニー馬車出動。がんばれマーカス。


出張ポニーも加わってちび馬パレード。極ちびマロン、やはり一番人気。


芝生の広場でラグ敷いて、ビールやワインやチーズやジャーキーでのんびり。
タッチーマジ寝。


何かを見つけて走り出すミロ。


だめだよ。


新緑したたる桜の林の中でサッカー。


うりゃーーー!!!(どどどどど・・・)


いっぱい走ったら


この日は暑かったしねえ。


ペットボトルの水で強制クールダウン。


楽しかったねえ、遠くまで行かなくてもこんな休日、いいよね。

ところでさ!昨日アタマにきた(というかびっくりした)ことが。
タッチーに「今度の月曜、誕生日だねえ。どうする?」と声をかけたところ、
「あーそうだね!うーん何をもらおうかな!!」と元気よく言い放ちやがった。
あの~、2ヶ月早いけど宮崎にしていきたいからって、3月にプレゼント買ってあげませんでした?
それも、40歳の節目ということで、オメガの腕時計を!!!


返せ。

いよいよ明日! -生後1384日-

さあ、いよいよ明日ですよ、JSTAスコッチ祭り@日比谷シティ!
お天気も大丈夫みたいですが、ちょっと暑くなりそうなので、参加される方、見学の方は暑さ対策をお忘れなく。
私はお手伝いなんかでばたばたしているかもしれないけれど、見かけたらお気軽に声をかけてくださいね~~!!
たくさんのお友達に会えるのを楽しみにしています。


ところで、いやーやっと2勝目、横浜FC!
今日は広島で試合だったのでスカパー観戦、前半に2得点、そのうち1点はキング・カズゴール!
後半はがっちり守り抜き、久しぶりに横浜FCらしいゲームで快勝。めでたい。
さすが遠方だけあってゴール裏のサポーターも少人数だったけど、いつも見知った面々が本当に嬉しそうな笑顔だったなあ。

JSTAスコッチ祭り(オープンショー編) -生後1388日-

写真の整理に手間取ってしまい(カメラマン・タッチー、450枚も撮った!)遅くなりましたが、スコッチ祭り第一弾ようやくUP、まずはオープンショー編です。
今年のモントゴメリー(アメリカ最大のテリアのドッグショー)のスウィープステークスでジャッジを務められるレベッカ・ジョンソンさんがジャッジとあって、出陳者も気合じゅうぶん!
まずはレベッカさんハンドリングによるギブソン様の模範演技。


ショー初体験のパピーたち。ミント&シュール家のラテールくん。「ちょっと怖いよ~」


ラテールくんと同胎、らいぐれさんちのぐれーすちゃん。おお!小さいアンヨ踏ん張って、しっかりステイしてるじゃないですか!ジャッジのレベッカさんも思わず口元ほころび・・・


京 ちゃんははるばる長崎から、弁天ちゃんとフレームちゃんを連れて参加。まずは弁天ちゃん「がんばって歩かなきゃ!」


2月生まれパピーズのパパ、バルトくんの雄姿。こうやって愛犬のパパやママやきょうだいと再会できるのもスコッチ祭りの楽しみのひとつ。(バルトくんはレベッカさんの繁殖犬なので参考出陳)


政宗くん「ぐえ~!でもガマンしなきゃ・・・」えらいぞ!!


真っ白な歯並びを披露しているのはビットくん。電動歯ブラシで毎日磨いてるんだって!


ちょっと心細そうな表情がかわいいキトミールくん。「ママのところに戻ろうよ~」


とっても楽しそうなモコちゃん。そういえば表情があまたん(ジャミモコママ)に似てるかも!!


ジュニア・ハンドラー奮闘編。おーしゃん&あーちゃん。キレイに歩けてるよ~。


341’”の母さんのさんたくん&息子さんご長女(ゴメンナサイッ!!)もがんばってます!


クラス(年齢)ごとにベストを決め、その中からベスト・ドッグ(オスの1等賞)を決めます。左からアダルトクラス1席のキトミール、12~18ヶ月クラス1席のベッキー、パピークラス1席のウイスケ。どの子も立派!


ベスト・ドッグにはベッキーが選ばれました。おめでとう!

さてミロはというと、審査台の上でもなにやらご機嫌ぺろり。ちょっとモサモサだねえ。


ウォーキングもるんるん。さりげなくカメラ目線・・・余裕だねえ。


アダルトクラスの1席を決めます。左からミロ、たまこちゃん、ダンシングドッグさんちのアンジェラ、ノンちゃん。


ヤッター!クラス1席いただきました!!ミロもうれしそう。


そしてメスの各クラス1席中のベストにも選ばれたのですが、ここで、別格「チャンピオンクラス」1席のフレーム嬢と対決!


京ちゃんご愛犬のフレーム嬢はアメリカチャンピオン!まさに格が違います。う、美しい・・・。


並べただけで満足です。ちなみに私のパンツの色は濃すぎてダメですね。
この2頭、ショーではフレーム圧勝ですが、気迫は伯仲!お互いに「むむむ、やるナ!」「あなたこそ、強そうね!」と静かな殺気を飛ばしあっていました。女の子とはいえさすがスコッチ!

フレーム嬢、ベスト・イン・ショー(本日の1等賞)に輝きました。ウィナードッグのベッキーもおめでとう!ベッキー快進撃中です。


こちらベスト・パピーのウイスケとリザーブ・ベスト・パピーのドルチェ。


この日いただいたリボンたち。中央がアダルトクラス1席、右がメス1席、そして左は、ベスト・ハンドラー5人の中にも選んでいただいちゃいました。うれしー!!


JSTAではショーのときも皆、オーナーハンドリングで、出場される方は愛犬とともに、ひとつの競技として楽しんでおられるのがとてもいいと思っています。
「ドッグショーなんて縁がないわ!」という方にも、こんな犬との楽しみ方もあるのだと知っていただければ・・。

つづく・・・

JSTAスコッチ祭り(まさにお祭り!編) -生後1389日-

今日も長いよ!(お名前などで間違いがありましたらご一報くださいね~)

さて後半。恒例の早食い競争です。オープンショーに時間がかかったため、スコッチたち飢えてます。
(写真はクリックで大きくなります)


そんな中でもフレーム嬢と弁天ちゃんは上品にもぐもぐ。


ミロもまったく競争する気はなく、マイペースでおいしく普通に召し上がってました(笑)
次は一芸SHOW。弁天ちゃんの「食器お片付け」。嬉しそうな表情がカワイイ♪


JUNKOさんちの花ちゃんの、華麗なる縦ジャンプ!(そうそう、JUNKOさんってブログでのワイルドライフぶりから想像できないようなエレガントな方でしたの~びっくり!)


一芸SHOWの主役!Chieさんちのひよちゃんダンス。ひよちゃんも中身が5歳児なのか、はたまたChieさんが犬なのか、魔法使いなのか・・?


bonbonさんちのファーちゃんのちょうだいちょうだい!ありえないくらいの直立ぶり。ファーちゃんも中に子供が入ってるのかも。


かみやん「ファーのやつ、い、いつのまに・・・・・ボクのアイドルの座が危うい!」


ハナちゃんのボールキャッチ!ハナちゃん、たしかまだ1歳ちょっとなのにすごーい!
(ハナちゃんのお姉ちゃん、プレゼントをありがとうございました!美味しいです!)


単純なのに犬と一緒だとどーしてこんなに盛り上がる?のボール運び競争です。
写真撮り損ねた方、ごめんなさい!


もいっちょ。


私もミロと爆走。なにげに得意。ミロ、毎朝の競歩で横について歩いたり走ったりを特訓されてるからね。


さてお楽しみのファッションショー!とはいいながら、毎年「仮装大賞」化が進む傾向にあり・・・今年も力作揃いです。(作品タイトル間違ってたらごめんなさい)
1等賞に輝いたキトミールくんの「浦島太郎の亀」!なにがすごいって、こんなの背負って歩くキトミールくんがえらい。(キトミールママさん、お菓子ありがとうございました!)


ハナちゃんの「新幹線とSuicaのペンギン」。大人しく乗っててえらーい。


カナちゃんたちフラガール。華やか~~!!


ダンシングドッグさん、今回力作ですね~!右からゲゲゲの鬼太郎(ウェンツ版だそうです!)、猫娘、ネズミ男、子泣きじじい。一反木綿もいますね・・・・


京 ちゃんちのフレーム嬢は「白衣を着た(つもりの)お医者さん」と弁天ちゃんの看護婦さん。ナース帽のピンがスコッチだ!


Chieさんちは「ゆう(シュー)マッハとレースクイーン」。こうちゃんもクイーン?!


そしてミロは、じゃーん!「フラガール」です!(カナちゃんたちとかぶっちゃった・・)


(実は数年前の使い回しの部分もあるんですが)今回のポイントは・・・
三角ビキニ!!


このセクシービキニ(胸毛で隠れちゃうのが玉にキズ)が利いて、「ミス・スコッチ賞」をいただきました!!パフパフ~~♪♪
・・・こんなカワユイ格好しながら、鯉のぼり・たまこちゃんにガン飛ばすミロと、目をそらす優しいたまこちゃん。あっ、たまこちゃん今年は1位と1票差の2位でした~「タマウララ」「スパイダーマン」「横綱犬」に続いてV4ならず!残念!


「ミス・スコッチ」賞の賞品に美味しそうな南アフリカの白ワインをいただきました。
ミロ、ついに私たちの飲むお酒を稼いでくるようになったわ。でかした。


さて、こんなに盛況だった今年のスコッチ祭り、いったい何匹のスコッチが集まったと思います?
今年も集合写真を数えちゃいました~~!!
人の影になっていたり、途中で帰っちゃった子もいると思いますが、去年の43頭から一挙に増えて、なんと61匹!!


(このサイズならだいじょうぶかと思い、顔ボカしていません。差し障りのある方はご一報ください)

今回、会場で「ブログ見てます~」って声をかけてくださった方々、本当にありがとうございます!うれしかったですぅ~。
オシッコ清掃係を自任していたため、あちこちばたばたと走り回り、あまり皆さんとゆっくりお話できなかったのが心残り・・・
最後まで会場清掃のお手伝いを一緒にやってくださった341’”の母さん、あまたん、ウイスケママさん、ドルチェママさん、感謝感謝です。
本部席で事務方を手伝っておられた伊達くん さん、京 ちゃん、ご苦労様でした!
他の子の粗相の跡を積極的に片付けてくださった方々、ありがとうございました!
ますます参加人数も参加犬数も盛況になっていくスコッチ祭りが開催できるのも、みなさんのご協力あってこそです。
そしてそして、今回はほんとーーうに疲れたご様子の中原さん、お疲れ様でした!
また来年も楽しいイベントでお会いできますように。

(おまけ)
集合写真をカウント中、ちょっとツボにはまったので抜粋。


bonbonさん、かみやんとファーちゃん抱えて腕抜けそうだ・・・

(ちょっとしんぱい)
今朝起きたら洋室の床に大きな水溜りが!それも2つ!薄くてほとんど臭いがない。
夜中にミロがシッコしたらしい。朝イチでシッコするようにいつも寝る前に水分摂らせるんだけど、それにしても夜中に2回は多い。
そういえば寝る前のシッコを片付けるとき(濃い)、ちょっといつもと違う臭いがしたな・・・
今朝は今朝でちゃんと色のあるシッコを少ししたので、腎機能が悪いんじゃないと思う。膀胱炎かな・・・
今日はダッシュで帰宅です。bonbon家にミロの腹の丈夫さを自慢した祟りか?

私のせいでした・・・・

定時に仕事を切り上げてダッシュで帰宅すると、ほんの少しいつもよりテンション低め?というかんじのミロお出迎え。
何事もなかったか・・・と思ったけれど良く見ると、薄そうな少量シッコの跡が2ヵ所。
そして私の見てる前でトイレでシッコ・・・いつもより長くしゃがんで、それなりの量のシッコに少量の鮮血が!
ありゃ~これは完全に膀胱炎か、と病院に電話してみると、「今日のうちに治療をしたほうがいいから連れてきてください」ということで、急遽病院へ。

思いがけぬ外出に大喜びのミロを(元気じゃん・・)連れてタクシーで病院へ。
とりあえず超音波検査と血液検査をしてもらうと、膀胱の内壁が一部かなり厚くなっていて、炎症が起きているか、あるいは出血した血餅が内壁に貼りついているか・・・ということで、膀胱炎のようなのだが、それにしても急なので、なにか変わったことはありませんでしたか、と聞かれ・・・・

思い出した。

日比谷でトリミングテーブルからミロを落とした(クシかけをいやがって後ずさりし、私の手をすり抜けて落ちた)ことを。

先生に話すと、「たぶんそれでしょう」と。

幸い、腎機能の値はすべて正常で、腎臓に負担はかかっていない様子とのこと。
とりあえず止血剤・抗生剤・痛み止めを注射してもらい、あさっての朝まで内服薬を飲ませ、あさってシッコ持参で再度通院です。
できるだけ水分を摂らせてオシッコとともに、血や雑菌を出してしまうように、とのこと。

ああーミロ、ごめん。私のミスです。
日比谷のタイルの床に落ちたとき、キャンともグーとも言わずケロッとしていたのでそのまま気にもしていなかった。
きっとお腹痛かったよね、ごめんね。
なんとか大事に至ることなく治ってほしいです。

はじめて、4年間ほとんど活用されることのなかったアニコムのペット共済が活躍しそうです・・・・・


ところで、病院に向かうべくミロをソフトキャリーに入れ、タクシーを拾おうとしたのですが、3台ものタクシーに乗車拒否されちゃいました!!
1台なんか、一瞬スピード落としたんだけど、こちらを見て、「この客はダメだな」と言わんばかりに顔そむけて走り去った(HINOMARU!)。
普通のボストンバッグに見えるキャリーだから、犬連れを避けられたわけでもないし、私の様子がアブナそうだったはずもないし(と思いたい・・)。
ウチのあたりから長距離乗る客なんてまずいないだろうに、なんでだろう。
結局バスで駅まで行き、駅のタクシー乗り場(タクシー行列してた)で拾ったのだけど、もう泣きそうでした私・・・

帰宅後しばらくはお腹やお尻に違和感があるようでモジモジしていたけれど、ほどなく表情も普通に戻り、おやつを見せれば走り寄り、キッチンに「キャベツの芯ちょうだい~」とやってきて、ごはんもぺろりと平らげ、さきほど、ちょっとだけ鮮血あるものの比較的普通のシッコしました。
「急に元気がなくなったり、血のような尿をするようだったら、夜でもきてください」なんて言われて心配なので、明日はそばについていてあげようと思います。

ふっかぁーーつ!(早っっ!)-生後1391日-

えー、皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、結局昨日の朝からまったく普通の様子のミロ。
「ねーお散歩行かないの?いいお天気だし、お休みなんでしょ?」と私に目で訴えてくる。シッコの様子もまったく異常なし。
今朝のシッコを採尿して、さきほど病院に行ってきましたところ、顕微鏡で見るとわずかに潜血が認められるものの機械分析ではマイナスと出る程度。
念のためエコーも撮ってもらいましたが、膀胱の内壁もキレイなものでした。
先生もびっくりの驚異の回復ぶり!さすが「強い子のミロ」!
一応、お薬を1日1回に減らして1週間続け、来週もう一度尿検査の予定です。
もう運動もお散歩もOK!とお墨付きをいただいたので、帰りはるんるん歩いて帰ってきました。
あー、とりあえず大事にいたらずよかったです。
心配してくださった皆様、お見舞いのお言葉ありがとうございました!
あらためて、気持ちを新たに引き締めていきたいと思います。

さて、そんなこんなでスコッチ祭り第3弾「かわゆいお友達編」遅ればせながらUPです。

まずは京 ちゃんのフレーム嬢がなかなか美人さんに撮れたので。スッキリと天をさすおシッポがステキです。


抱っこさせてもらっちゃったぐれ~すちゃん。たまらん!


らいぐれさん、らいあん&ぐれ~すちゃんと一緒に。わんちゃんたち、目線くださ~い!


かみやんよりでかいぞ?!ファーちゃん!!


横浜から見学にきてくれたクロちゃん。いっぱいがうがう黒犬がいてびっくりしちゃったね。
クロちゃんはね、“クロリーヌ”っていうんだホントはね~♪


今回タッチーは皆さんの様子の撮影につとめていたため、ミロの写真が少なかったのですが、その中でお気に入りの1枚。


自分の足にボカシかけたいところですが・・・・

通常営業 -生後1393日-

日曜日は久し振りにタッチーと3人で公園へ。金・土と大人しくしてたからミロの元気チャージ120%!
公園はシロツメクサとニワゼキショウ(庭石菖)で可憐な白いお花畑。


「タッチーっっ!!行くよォォ!!」


何本か走っては日陰に逃げ込むミロ。黒犬さんにはツライ季節だね。


「ちょっと休んだらまた、走るのよ!」


桜の花が実になってます。これ、足元がべとべとになるんだよねー。


ポーズをとるミロに背後から突進してくる命知らずチワワくん。あわててミロ確保。


ミロから皆様にご挨拶があるそうです。

「みなちゃま、このたびは、あたちがちょっと赤いおチッコしただけなのに、いっぱい心配かけちゃってごめんなさい。
 毎日ちょっとおいちいオヤツ(中に硬いのが入ってる)もらえるからあたちはイイことだらけなんだけど、apricotはね、なんだかハンセーってのをしてるんだって。
 ハンセーなんかしてるヒマがあったら公園であちょんでって言ってるんだけど。
 あ、えっと、だから、


     なの。」

へんないきもの -生後1394日-

今朝は5:20に爽やかに目が覚めてしまったので、いつもより早くからたっぷり競歩してきました。
スカート汚れ除けのお洋服、今日は、ちょっと大きめであんまり着てなかったリサガスにしてみようか。

どれ、似合うかな?


そして


お、おかしいな・・・・(汗)


ミロもなにか感じるのか、なんだか不機嫌そうな顔。

仁義ある戦い -生後1396日-

スコッチが60頭以上も集まった今年のJSTA展で、いろいろな性格の子やいろいろな考え方の飼い主さんと交流することができ、あらためて勉強になったり刺激になったり、それはそれでいい機会だったのでは・・・と思ったりしている今日このごろ。

ミロもブログでのエヘヘ顔から、社交的なカワイコチャン♪と思ってご挨拶に来てくださったわんちゃんに、「ごめんなさい~ミロ仲良くできないの~」と告げるのは残念なことでしたが、ミロも過去にいろいろ(勝ち戦・負け戦)ありますものですから・・・その節は失礼しました>みなさま。

でも、そんな武闘派・ミロたんにはミロなりの“仁義”があるようで。
今日はちょっと、そんなお話。


「下位の犬はじっとガマンで上位の犬に嗅いでもらうこと」、だから自分が下位のときはじぃっっと身体を固くして大人しくしているけれど、そのぶん、自分より弱そうなちっちゃい子に、無遠慮に纏わりついてくんくんされると腹が立つようです。
ま、ミロなりの筋は通っているのかもしれないけれど、やはりその都度ガウガウ言っては「こわーい」なんて囁かれるのもイヤだし、ミロが腹を立てそうなタイプの子がだいたいわかるようになったので、「ウチの危ないですよ~」ってお断りすることで、ガウガウ回避しています。

散歩中に歩道をすれ違うとき、犬同士が無言で気合のやり取りをしているのを感じます。
最接近する前に上下がきまり、下位を自覚した犬が視線を外して大人しくすれ違えば、上位の犬も反応せず静かにやり過ごします。
でも、ミロは、自分より強い!と思えない相手が何らかのアクションを起こしてきそうなときは、「やるのか!」と受けて立っちゃう。
売られた喧嘩は買う!と言う。
すれ違う前から、相手の犬の表情で、ミロを抑える必要があるのかないのかわかるので、リードを短くして、足早にすれ違えば無問題。

回避する間もなく、あるいは危ないと告げているのに近付かれてしまったときは、中原さんが書いておられたとおり、リードを後ろに引くと逆効果。
ガウガウスイッチが入りやすくなってしまいます。
上に引いてキープするか、(訂正:上に引くとかえって興奮させてしまうこともあるようです。詳しくはダンシングドッグさんのコメントをお読みください。うーん勉強になるなあ!)状況によっては、リードにテンションをかけず、でも緩めず何かあったらすぐコントロールできるよう注意しながら挨拶させたほうが、バトルに発展しないこともあります。
くるくる回る犬たちのリードが絡まないように人間がうまく外側で一緒に回って(説明するの難しいナ)挨拶をさせ、ほどよいタイミングで引き離す。
これはお互いにリードさばきが馴れて呼吸が合わないと難しいですが、気が強い犬同士でも無用な揉め事にならずにきちんと仁義を交わせます。


私が常に思うことは、「どんなに可愛くても『犬』だ」ということ。
飼い主と犬との関係も、「かわいい家族の一員(あるいは家族の中心)」でありつつも、絶対的に人間が上位にいなければいけない。
犬は無条件に、その意に従い、逆らってはいけない。
飼い主を含め、人間すべてに対して、「イヤ」という感情を牙で表現することは許されない。
その代わり、上位にたつ飼い主は、信頼に値する存在でなければいけない。
ウソをついたり、意地悪をしたり、無意味におあずけをしたりせず、でも、犬がイヤなことでも必要なことは毅然として行なう。
そして揺ぎない愛情を注ぐ。

一方、犬同士は上下入り乱れての力社会。
ハードな気性のスコッチには、「初対面でも、どの子とも仲良く遊ぶ」なんて要求するのが無理なのでは?なんて思うのです。
無闇に犬同士を接触させ、犬同士の仁義上の衝突に人間が介入して犬を叱るのは、犬にとっては理不尽なことかもしれない、なんて考えます。
他の子と仲良く遊べるやさしい子もたくさんいるし、羨ましく思う気持ちがなくもないですが、でもミロの「気になるのは相手が強いか弱いかだけ、仲良くする気なんてまったくないの」って気性を尊重しつつ、きちんと管理することで、誰ともトラブルを起こさず笑顔で挨拶を交わして、楽しく暮らしていくことはできるんです。

犬本来の生態や行動を学び、愛犬を常に観察し理解を深めることで、愛犬を「訴訟」「賠償」「保健所」「処分」なんて恐ろしい事態にあわせないよう守るのが、私達の責任であり義務なのだと思います。

えへへ、今日はちょっとマジメモードで書いてみました。
これはあくまでも「私の考え」です。
他の方々の意見もどんどんお聞きしたいでーす!!



ところで、なんだこの「拍手」ってボタン?    →

スゲLOVE -生後1397日-

今日の明け方4時前、我が家の寝室に響き渡る絶叫。

「ぎぇぇ~~、た、タスケテェ!!!

そう、私の足がつったのだ。
タッチー熟睡から瞬間に飛び起きて私の足元にまわり、カカトをぎゅーっとやってくれた。うう、ありがとう。

つり方が軽いときは叫ばず自分で治すよう努力するんだけれど、今朝は一瞬でもうダメ!それも両足!そして左足のつり方がとくにひどく、押してもらってもなかなか足首が曲がらない。
「いたい~ひだりぃ~まだいたい~~(泣)」と更に叫ぶ私に、タッチーなにを思ったか、つま先を伸ばした!

ぎゃ~~・・・!!逆!逆!!

朝からツカレマシタ。


ところで明日は横浜FCのホームゲーム@三ツ沢です。13時キックオフ。
雨も朝で上がりそうだけど、暑くなりそうだなあ!
一瞬にして最下位に逆戻り、水曜日にはナビスコカップ予選にも破れ、満身創痍の横浜FC。私も「負け試合」にすっかり馴れてしまい(オイオイ)、1年でJ2落ちしても、来年も応援しつづけるからいいや、今年1年J1を楽しもうっと!なんて思っていたのですが。

ふと不安になった。
来年J2落ちしたら、私の大好きな横浜FCの至宝・ゴールキーパー菅野はどうなってしまうんだろう・・・。

そう、横浜FCにはみんな知ってるキング・カズもいるけど、実は最大の功労者はGKスゲなのです。
23歳、GKにしては小柄で出身のヴェルディユースからヴェルディに上がれず横浜FCに入り、以降かずかずの記録や伝説を作り続けているスゲ。

・連続無失点時間1位770時間(06.10~19節)
・連続無失点試合1位7試合(06.11~18節)
・年間最少平均失点2位0.67点(06.48試合32点、年間フル出場)
・最長ゴール2位88m(04.鳥栖戦)
・最短退場時間1分(!)(大宮戦)
・1試合最多失点1位7点(03.9.13新潟戦、祖父の住む福島県で、
 レッドカード退場時「おじいちゃんが来てるのに」と言い
 泣きながらピッチをあとにする)
・絶壁頭に中身の入ったコップを乗せることができる

可愛い・・・(*^^*)

去年はこんな記事が出たこともあり、今年の第3節ではオシム爺がフロンターレ戦を視察にきていたらしいけど、このときは大量6失点だったので、持ってかれずにすみそう。
高齢化が進む横浜FCの中で、最近は、90分フル出場できるスゲがキャプテンマークをつけることがあり、ますます横浜FCの顔となってきているが、たぶん年俸はものすごく低いと思う。
これで来年J2に降格となったら、スゲは他チームにとられてしまうんじゃないだろうか・・・
そうなったら、寂しいな・・・・・

うん、がんばって明日も声が枯れるまで応援しよう!スゲーーー!!!
(去年秋 柏戦にて)


-告知ー
京都の猫たちを陶器で作り墨彩画で描いておられる吉田一也さんの『吉田一也・京の猫展』が銀座・松屋7階アートスポットにて29日(火)まで開催中です。
私は初日(水曜日)に早速伺って、うっとりしてきました。
関東近郊の方は是非足を運んでみてください。
会場には吉田さんもいらっしゃると思いますよ。

100%完治!! -生後1400日-

日曜日。
いつもよりのんびり私達が起きるので、今日はお休みなのね?一緒におでかけするのね?とワクワクしていたミロ。
タッチーも一緒で嬉しさ百倍でしゅっぱーーつ!!
あれ?今日は公園には行かないのね?
元町のほうにお散歩なのね?
ん?このビルに入るの?エレベータに乗るの?あれ??


そう。ミロの病院だよん。
お薬1週間飲んで、オシッコもってきてください、できれば一緒に連れてきてくださいねって先生に言われたでしょ?
で、オシッコ検査&エコーの結果、ぱちぱちぱち、100%完治です。いや、120%かも。
強い子ブラボー。もう落っことさないように気をつけるからね。

ホッとしたところで少し元町散策、イタリア山庭園へ。
「外交官の家」の日陰で涼むミロ。


モデルさんの立ち位置指導に向かう私。ミロちっちゃいなー。


「外交官の家」前の花壇も満開。ここでもオモチャのように景色に溶け込むミロ。


花と狛犬。


ボトルブラシの花が咲き始めてました。
ミロ「タッチー、あたちにピント合ってないんですけど・・・」


庭園近くのおうちで番犬に励むミニピンくんと日本の夏の暑さについて語り合う。


たぶん今頃、港の見える丘公園のバラ園は素晴らしく満開だろうけれど、あまりの暑さに断念してタクシーで帰宅。
午後はミロはお留守番、私とタッチーで再び吉田一也さんの個展@銀座へ。
うふふ、近々、ご紹介しますね・・・♪

貴重な1勝 -生後1401日-

土曜日はスカーーッと、ギラーーーッと晴れ、サッカー観戦日和でした。
今日こそは!と応援にも力が入ります。
お天気だと写真も出来がいいわ。
カズのFK。


絶壁王子・スゲ。足首捻挫しないのが不思議。


プレーの合間に浴びるように水を補給。酷暑。


この日、カズが自らの日本人最年長記録を塗り替える鮮やかなゴール!
そして横浜FC生え抜きのプリンスうっちー(内田選手。城みちる似)が身長166cmから繰り出した奇跡のヘディングゴール!
試合終了後、ピッチで喜び合うカズとスゲ。


ゴール裏でバンザイ。笑顔が眩しい。(なぜか泣きそうな顔している人もいるが)


ゴール裏でカズとうっちーのキング・プリンスコンビによるメガホンパフォ。
珍しくはしゃぐカズ。


引き上げていくスゲをファインダーから追っていると・・


きゃーーーーheart0見つめられてる私・・・。


とにかく暑くて、疲れたけどハッピーでした。
三ツ沢の坂を下りる人たちも、日焼けで右手だけ赤かったり(メインスタンド)左手だけ赤かったり(バックスタンド)顔が真っ赤だったり(ゴール裏)しながら、ニコニコ笑顔でした。
それにしても土曜日の昼間、晴天でのホームゲームなのに、5000人も入らないってかなりヤバイですね。
それに、まだ最下位だしね。

ミロネタもね。
夜、晩酌終盤ごろごろしはじめたタッチー、ミロを高い高ぁい~して遊んだり。
無抵抗ながら、シッポがぷるぷるぷる・・・ってするのがカワイイ。


そのままソファ寝のタッチーをソファにしてご機嫌。


ありゃりゃ・・ -生後1402日-

日曜日に完治宣言出たばかりなのに、昨日帰宅したら、先々週の木曜日と全く同じ状態になっちゃいました。
がっちり血尿。残尿感でモジモジするミロ。
運よくタッチーが早く帰ってきてくれたので、一緒に病院へ。

エコーで見ると膀胱の内壁がかなりただれてデコボコになっている(らしい)。
結石が原因だといけないのでレントゲンを撮ってみたが、石は写らないし、病院で少量採れた尿からも石は見つからなかった。
完治宣言と断薬が早かったのか。
感染を起こしている菌が、使っている抗生剤に耐性があるといけないので、今日もう一度採尿して分析に出すことになっています。
とりあえず止血剤と抗生剤を注射、1週間服薬で週末再受診です。
お薬は「尿の量と飲水量を増やす漢方薬」が増えました。


先生がレントゲン写真を見せていろいろ説明してくださった他所見では・・・
・右股関節が少しコキッと音がする。造影でも関節部のラインが少し滑らかではない部分があるが、これだけ筋肉がしっかりついているので大丈夫でしょう。
・腰部の椎間板の間(?)が少し開き気味か。これもとりあえず大丈夫だが、不必要に階段の上り下りはしないほうがいいでしょう。
・便がたくさん見られる。硬くて出にくく、腰痛などがあって長くいきめずお腹に溜まっているということはないか?と聞かれる。たしかにミロの便は硬い。ドライフード(ビルジャック)のせいかもしれない。

先生とお話しているうちに、ミロが排泄をガマンしがちなことが気になってきた。毎日11時間程度の留守番中、まず絶対オシッコをしない。ちゃんとトイレもあるのに。ウンチもあまりしない。
私が帰宅してもすぐするわけではないので、それほどガマンしているとは思っていなかったけど、やはり溜め込むのは身体にもよくないだろうし・・・
膀胱炎でオシッコが近いだろうから、朝も多めに水分を摂らせて、留守中も排尿する習慣をこの機会につけられるといいなあ。
食事にも野菜を混ぜるなどして、ウンチをどんどん出せるように工夫してみよう。


帰宅後ほどなく注射も効いてきて、通常営業に戻ったミロ。
今朝はオシッコの様子も異常なかったけれど、長期戦を覚悟してじっくりしっかり治してしまおうね!
しばらく公園で爆走はお預けです。

サマータイム? -生後1403日-

昨日、朝も多めに水分を摂らせたのに、ダッシュで帰宅すると留守中やっぱりオシッコしてないミロ。牛乳を少し飲ませてコマンドするとすぐじゃーーーっとしたので、早速採尿して病院に届けました。
外部に分析に出す前に調べたところ、キレイなオシッコに戻っているとのこと・・・・・
注射1本であっというまに。先々週と同じ経過だ。
先生も、普通の膀胱炎をこじらせてしまったということではないのかも、やはり外傷性のものかも・・?と。
とりあえずお薬(止血剤、抗生剤、尿量と飲水量を増やす漢方)は続け、週末に、おなかにオシッコが溜まった状態でエコーをとってみましょう、ということに。

「オシッコが溜まった状態で」、これが問題だ。
溜まってたら、歩かせたらしちゃうよ~~。
9kgをキャリーバッグに入れてバス+徒歩ですか。がんばらねば。


ところでここ数日は涼しいですが、明日からいよいよ6月、朝もすぐ暑さがきびしくなる季節になります。
夏以外の私とミロの朝はこんなかんじ・・・
  5:45 起床
  6:00 ミロ食事&オシッコ、私は前夜の食器を洗ったり。
  6:30 お散歩(45分くらい)
  7:15 私の朝食
  8:10 出勤
ところが夏になると6:30にはもう日差しギラギラ。ミロの食事&食休みの前にお散歩に行くようにしても、もっと早起きしないとならなくなるの。
つらーーーい。


ときどき再燃する「サマータイム制度」、今年も地球温暖化対策と経済効果を狙って導入が検討されているようですが、もし実施されたら、私の場合、夏の朝がちょっと楽になるかも、なんてちょっとだけ思います。
それ以前に、家中の時計を直すことを考えただけで面倒で卒倒しそうですが。

ところでミロ、勝手にサマータイム導入して、5時20分に起こすのはやめてよね。

FC2Ad