強い子のミロ!

スコティッシュ・テリアのミロ(別名・ミロ軍曹)と、マラソンに魅せられ中のボス・うめの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川マラソン -生後2017日-

1/24に20km走をした後、ちょっと風邪をひきまして、1週間ほどランニングお休みしていました。
そして先週の日曜日(2/1)は神奈川マラソン
去年もエントリーしていたのですが「雪で中止」という珍事(よほどの荒天じゃないとマラソンは中止にならないの)、後日ありえないデザインのTシャツが送り付けられたりしました。

そのありえないデザインのTシャツ。ソウル五輪のマラソン金メダリスト、イタリアのボルディン選手が去年ゲストだったのだけど、このデザインを着て歩ける猛者はいないであろう・・・

で今年は風強くもぴかっと晴れて、10km走ってきました。
今回はタッチーも同じ10kmでエントリー、ガチンコ勝負です!
このレース、とにかくアクセスがいい。ウチの最寄り駅の隣駅前すぐがスタート/ゴール会場なのだ。
日清オイリオの工場敷地内グランドで、足元やや泥濘んでいるけど、砂嵐にあうよりずっとまし。とはいえ人が多くてちょっと混雑。
私たちは例によって、ジーンズやボロコートなどの下に走る服装を着て行くので、更衣室も不要だし荷物も預けないけれど、それらの施設はキャパオーバーで大混雑だった模様。特に10kmレースの後に行われたハーフはフラットで記録の出やすい陸連公認コースということもあって人気高く、走行中も衝突しそうになったり思い通りに走れなかったりと大変だったらしい。

冬の日差しに暖められながら、淡々と、黙々と走る。
フルやハーフを経験すると、つい「10kmくらい、サクッと走れる」ような気になるけれど、やっぱり苦しい。
病み上がりでぼぉーーーっとした頭で走りながら考えていたことはそれだけ。

  「10kmは10kmなりに、やっぱり苦しい!」

途中、タッチーはトイレに行き、一人旅に。
このレース最大の欠点が、「距離表示が5kmおき」なこと。
それもボケッとしてて見落とし、完全に感覚のみで走る。
やっと「あと1km」という表示を目にし、わずかに残る力でスパート。
ゴールゲート脇のタイマー(グロスタイム表示)が59分何秒かであるのを見て、グロスでも1時間切り~とダッシュして、だいたい59分20秒くらい、ネットタイム57分ジャストくらいでゴール~。
直後にタッチーに肩を叩かれ、数秒差のほぼ同着でした。
ってことは、トイレタイムのあったタッチー完勝!くやしーー!!
去年4月に走った10kmレースのときのタイム(私・58分57秒、タッチー1時間02分09秒)をそれぞれ更新できました。ぱちぱちぱち。

今回の完走Tシャツはまとも(でも無個性)なデザインでした。それとアミノバリューと、スポンサー(日清オイリオ)提供の「サラダ油」!
完走ガッツポーズ。

とにかくアクセスがいいので、参加しないテはないレース。来年も是非!(景色が単調なので、ハーフ走るかどうかは微妙)
参加人数が増えれば大会としては利益が上がるかもしれませんが、来年以降は「人気コースだから定員締め切りが早い!」の話題性を目指して、キャパに合った人数になるといいな。
それから距離表示は是非とも1kmごと、せめて2kmでお願いします(泣)

さっさと服着てラーメン食べて(ダメじゃん・・)帰宅し、お留守番ミロたんを連れて元町・中華街へお散歩。
今日もジョビンくんは大人気でした。
先日ジェニチャコ家もお買い上げいただいたフェルトボールのネックレス、大人気のため現在、ネット通販サイト準備中とのこと。お楽しみに!
あ、2月5日(木)から2月10日(火)まではお休みだそうなので、行かれるかたはご注意くださいね~。

Pt.Vicenteでビール飲んでまったりして帰りました。
充実した日曜日でした♪

1月の走行距離118.8km。月末1週間ランニングお休みしたわりには100km超でまずまず。
2月は目標180kmで頑張ります!!だって・・・

ヨロンマラソンまであと33日・・・早ッッ(汗)
スポンサーサイト

ヨロンに向けてあれこれ -生後2026日-

まったくサボり癖がついちゃってイカンね。
ヨロンマラソンに向けていよいよ走り込み期間突入です。
なにしろヨロンマラソンのコースは結構なアップダウン(高低差60mの心臓破りの坂とか)があり、すごーーーく大変そうなのだ。
でも、途中の給水・給食が「水・スポーツドリンク・おにぎり・バナナ・黒糖・漬物・豚汁・ヤギ汁」なんてラインナップだったり、レース後には「うにスープ」やビールが振舞われ、噂では焼酎の私設エイドもあるらしく、「ゆっくり休んでいってくださ~い!」などと誘われるらしい。
・・っていうか、レース中に「ヤギ汁」て!!焼酎て!!(飲んだらおしまいだ・・)
焼酎はともかく(気になるらしい)、景色もよさそうだし、これはタイムを気にせず楽しんで走るっきゃないね、と思っています。
で、「楽しんで」走れるように、という一念で練習に取り組んでいる次第です。

本番前1ヵ月のノルマは・・
①30kmあるいは3時間走を2回(1回は先週末にクリア)
②インターバル走やビルドアップ走などのスピード練習と坂道練習
③体重をおとす(2kg以上)

①②を休日にみっちり、平日は夜に5~6kmジョグで、お休みは2日くらいの予定。
その間にもスコッチセミナーがあったり恒例の裏磐梯雪遊びがあったりするので、結構忙しいです。

昨日はセミナーに向けて、ミロたんトリミングしました。
湘南国際のときにお預けして(11月)それ以降、年末、今回と2度続けて自分でトリミングしたら・・・
ああこうやって形が崩れていくのね・・・

ヤバイです。
中原さんからめちゃくちゃダメ出しされそうです。

ヨロン行く前に、映画「めがね」見なきゃ。
ヨロンってこんなちっちゃい島です。愛しの屋久島と比較。
(地図は合成。場所は沖縄本島のすぐ近くです)

ヨロンマラソンまであと24日。

ゆうちゃん -生後2031日-

「風邪っぴきゆうちゃん、元気になったかな?」

軽い気持ちでアクセスした月曜日の朝、悲しい知らせに凍りつきました。
信じられない、信じたくない、こんなに悲しいブログを読んだことなかった。
嘘であってほしい、とアクセスしては、1行目が目に映るたびに胸がつぶれそうになった。

まだまだいっぱい走って、泳いで、遊んで、100%の笑顔を私たちに見せ続けてくれるとばかり思っていたのに。
Chieさんの衝撃、悲しみを思うとまた、呼吸が苦しくなる。

ミロよりほんの1歳くらいお兄さんなだけの、ゆうちゃん。
こうちゃん、ひよちゃんと3人で笑いながら走っていた姿を、愛しく微笑ましく見守っていた人は私以外にもたくさんいたでしょう。
昨日からずっと、Chieさんの過去の日記を、ゆうちゃんたちの楽しそうな笑顔を、泣きながら見返しています。



神様、神様、ゆうちゃんがあんまり可愛くていい子だから、
  こんなにも早くに連れていってしまわれたのですか?


昨夜はゆうちゃんのことを思いながら、切なくてミロをいっぱい抱きしめていました。
ミロはちょっと迷惑そうだったけれど・・・
みんなもきっと、同じだよね。

そして、思う。
ミロが私の傍にいてくれる日々も、まだまだずっと続くとは限らない。
抗うことのできない病魔やアクシデント、あるいは天災に、いつ私たちも襲われるかわからない。
“その日”がいつなのかわからないけれど、だからこそ、今一緒に過ごせる時間、今一緒に交わせる笑顔を、一瞬一瞬を、心から大切にしなければ、と、強く強く思う。
それがきっと、私たちにゆうちゃんが教えてくれたことなのだと。

私よりもずっと、Chieさんやゆうちゃんたちと親しい人や、強い衝撃を受けている人もたくさんおられると思うので、私がブログでゆうちゃんのことを書いていいのか迷いました。
でも、悲しむだけじゃなく、私たち一人ひとりが今のこの時間を大切にしようね、ということを、書いておきたくて。

昨日の帰り道、お花屋さんで、陽だまりのように明るいミモザの花が目に留まりました。
なんだかゆうちゃんの笑顔のような気がして、1枝、いただいて帰りました。
普段は家では裸族のミロですが、昨夜はChieさんに作っていただいたお洋服を着て過ごしました。
これ着てるとミロも、ゆうちゃんたちの仲間、みたいな気がして。



ゆうちゃんは、ほんとうに、ほんとうに、とくべつなスコッチでした。
私にとっても、たぶんみんなにとっても。



「ゆうちゃん、ずっとずっと、忘れないよ。」


今年も裏磐梯へゴー! -生後2039日-

・・・の前に。
おととい、ミロのおとうさんであるキャラハンが亡くなりました。
11歳7ヶ月だったそうです。
日本のスコッチテリアの血統に大きな影響を与えた偉大なる雄犬でした。
約2年前にトリミングに伺ったときの、父娘の貴重な2ショット。

中原さんのところで最後まで可愛がられた子は、亡くなった後も「我が家のスコッチ」ページに残してくださっていて、ちょっと嬉しく思っています。
キャラハン、ミロを私たちに残してくれて、ありがとう。これからも大切にするからね。

さて、今年も22日(日)~24日(火)で恒例・裏磐梯雪遊びに行ってまいりました。
8時前に出発、短い休憩をとりながら4時間半で裏磐梯エリアに到着。暖冬と例年よりやや遅めの日程のため、雪が少ない・・・

宿に寄ってスノーシューを借り、裏磐梯サイトステーションへ。おぉ、ここは雪たっぷりだわ!

さっそく、完全に結氷して広大な雪原と化したレンゲ沼から、中瀬沼自然探勝路トレッキングへ。
長時間の車内カンヅメから開放されたミロ、壊れる・・・

この姿を見ると、来た甲斐があったな~とシシミジミ。


auケータイのナビでコースをなんとなく確認しつつ歩き・・・あっちじゃない?いやこっち?とタッチーと話していて、ふと足元をみるとミロが消えている・・

なにやってんのよ~!と言いつつ、写真を撮る鬼な私たちと、早くタスケテ・・・とムッとしているミロ。

パチパチ撮っていると、更にずるずると穴に落ちていくミロ、さすがにあわててリードを引くも這い上がれず、結局タッチーが首輪を引いて救出。
覗いてみると、マンホールかなにかの構築物があり、その上が他の地表面との温度差で1mくらいの深さの穴になっていて、下まで落ちたらちょっと大変でありました。
こういうことがあるので、リード装着がやはり安心・・・

雪を蹴立てて走り・・・

この上にはなにかあるのカナ?

ルートを間違え、中瀬沼と磐梯山を見渡す展望台は通り過ぎてしまったものの、私のお気に入りの小川沿いに出ました。

川の向こう岸にはウサギの足跡が。

ミロご機嫌でごろごろ。

カメラマン激写中。

小山に登っては・・・

とおっ!!と駆け下りる。

この日の雪は「玉になる雪」!!
途中であわてて服着せたんだけど、出てるところだけでもこんなになっちゃった~!!
今回はアーミーナイフ持参、栓抜きパーツで固い雪玉を割りました。

1時間半くらいのトレッキングで雪満喫。誰かの力作雪だるま君と記念撮影。

今回ももちろん定宿・フットルースにお世話になります。
雪の露天風呂withビールを楽しんだあと、奥様の美味のディナーに舌鼓。

寝る前、もう一度ドッグランで軽く遊んで1日目終了。

長い・・・・

裏磐梯2日目 -生後2040日-

やはり雪が少なく気温高めな今年の裏磐梯。
なんと2日目、目覚めると外は雨!!!
最悪。
でもこの日は朝からワカサギ釣りなので、まあ小屋に篭っているし・・・ととりあえず宿を出発。
今年も庄助キャンプ場の「ウリ坊」さんにお世話になって小野川湖までスノーモービルで連れてってもらいます。
湖に着く頃には雨から雪に変わった!ラッキー!!

貸切の小さい小屋で早速ワカサギ釣りスタート!

ワカサギさぁ~んおいで~~!!

さっそく1匹目ゲットぉ!今年のワカサギはなかなか立派な大きさです!

しーんとした小屋の中、二人黙々と釣り糸を垂れてアタリを待ちます。
ミロはたいくつ。窓から雪原を眺めたりごろごろしたり。

途中経過。右が私、左がタッチー。

コンスタントに釣れたため、飽きずに6時間近くぶっ続けに釣り続け、最終的に私31匹・タッチー20匹という上出来の釣果でありました!!
ミロたんもグズることもなくよくガマンしてエライエライ!!
で、フットルースに帰ってミロ放電タイム、私たちは生ビールタイムだぁっ!!

秘密の沼に向かう林の中で、雪を掘ったり・・・

タッチーと追いかけっこしたりして遊びました。

で夜は美味しいディナーと・・・

ワカサギは唐揚げにしていただきました!

他のお客さんにもお裾分けしても、まだこんなにあったの~~美味でした~~!!

で食後は酔っ払い飼い主たちとマイペース犬たちでドッグランタイム。奥にいるのはMIX犬のマオちゃん。

雨でスタートした2日目ながら、じゅうぶん楽しめた1日でありました!
3日目につづく!!

ヨロンマラソンまであと10日・・・ゲゲッッ!!

裏磐梯3日目と奇跡のカフェ -生後2041日-

1日目・2日目と、例年と代わり映えしないことばかりしているミロ家。
どうもね、新しいところをあちこち泊まり歩いたり、いろんなアクティビティにチャレンジしたり、というより、気心知れた居場所と楽しかったイベントを何度でも味わいたいタイプなんです。
毎回うれしいフットルースの朝ごはん。
1日目は和食、2日目は洋食で♪

さて3日目の朝は、前日の雨やみぞれ、雪をカチカチに凍らせる冷気で明けました。
ためしに朝食前にドッグランに出てみると、2日にわたって遊び倒したお嬢様ミロの足裏には痛ぁ~いカチカチ状態で、凹んだ顔でヨチヨチ歩くのが精一杯。
大好きな、沼に向かう林のほうにも、ついて来ようとしないくらい。
それでも、ゆっくりチェックアウトする頃には少し雪もゆるむかも、と、中津川渓谷へ向かって歩いてみました。

秋元湖も、溶け始めてるし・・・

少しでも足が痛くなさそうなあたりを、「この辺を歩いたら?」と促すとちゃんとそこを辿ってヨチヨチとがんばって歩くミロたん。
秋元湖畔キャンプ場まできました。
ちょっとシッポ下がってるね(笑)

もう少し先まで行ったけれど、中津川渓谷はずっとずっと先、さすがにムリ~と引き返し、人の気配のない、雪に覆われたキャンプ場でしばしまったり。

1日目に行った中瀬沼にしても、秋元湖周辺にしても、林の中を歩いていても本当に誰もいない。
中瀬沼は、平日はたぶん来訪者10~15人くらいか。でもゼロだと、どっちに歩いていったらいいかわからないので、ちょうどいい塩梅。
この日眺める秋元湖も、はるか湖上に、ワカサギ釣りのテントが点々と見えるくらい。

ミロはそれでも、それなりに楽しげに、雪の小山にテクテクと登ってみては、「あれェ~降りられないぃ~」とか。

2時間ほど、静寂と清冽な厳寒の世界を味わって、これにて雪遊び終了。
ミロも、肉球の間を赤くしながらよく歩きました。

さて、今回お初に立ち寄ったのが、猪苗代湖畔に静かに佇むTARO CAFE

こちらはいわゆるドッグカフェではありません。
でも、湖を望むテラス席は、静かにしていられる子なら、状況によっては同伴OKと聞いていたので、まずは私が単身で入店し、
「犬いいですか~?静かにしていますから・・」とお伺い。
「わんちゃんですか?大きさは・・?」と尋ねられ、とりあえずOKをいただく。
念のため、「もしNGと感じたときは言ってください退場させますから~」とお伝えして、ミロ連れて改めて入店。

店内は細長く2つに仕切られ、このテラス席がいいんです。湖一望の窓に向かって、2人がけのカウンターテーブルが5つ。
私たちは一番奥のテーブルに落ち着きました。

視線の先はこんな景色。雪原のむこうは猪苗代湖。

しばらく眺めていると、白鳥が何羽か飛んできて、雪原(田んぼ?)で何かをついばんでいたり。

背後の壁の内側は、またまた落ち着ける内装のカフェコーナー。

ばらばらだけど統一感のあるテーブル&チェア、絶妙な感性で選び抜かれた小物インテリアやグリーンが配され、なんともくつろげる空間が広がる。

で、トイレは一転して白・白・まばゆい白!!ペーパーロールもなにやらカワユス。

で!で!
このお店にはお食事メニューはなく、スイーツ&ドリンクのみなのですが・・・
コーヒーは魔法瓶ででてくるわ、カプチーノはハートつきだわ、で、ケーキがね、もう~~ほんとうに美味しかったんです!!

奥がイチゴのショートケーキ(タッチー)、手前がチーズケーキ(私)。
どちらもゲージツ的に美しく、感動的に美味でありました。
今でも舌にチーズケーキのまったりした優しい甘みが蘇ってくるようよ。

他にお客さんは2組。
皆、声を抑えて、静かな時間を楽しんでらっしゃる。
店内にながれるのはオペラ・・・・

3日間放電した甲斐がありましたね。
ミロ、見事に気配がないくらい大人しくしててくれました。

もう一度書きますが、ここはドッグカフェではありません。
犬抜きでも、4人以上で賑やかにおしゃべりを楽しむには向かないかもしれません。
でも、細やかな気配りで整えられた店内の静謐な空気と絶品のスイーツに、「是非来年もまた来よう!!」と強く思った私たちでありました。
「なぜっ??!!こんなところにっ??!!こんなお店がぁっっ??!!」(すまん猪苗代・・・)
と、頭ぐるぐるしちゃうくらいの衝撃的にステキMAXなカフェでありました。

ちなみにスイーツはテイクアウトできます。
また、夏場はオープンエアのデッキ席があり、こちらは比較的気軽に「犬同伴OK」と思ってよさそうです。

これにて2009裏磐梯雪遊び、おしまい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。